配偶者ビザ申請サービス(国際結婚)

配偶者ビザ申請手続きを親切・丁寧にサポート

当事務所は、初回の無料相談から配偶者ビザの許可を受けるまで、お客様に寄り添い、親切丁寧にご対応いたします。
配偶者ビザ取得後のアフターフォロー体制も構築しており、分からないことや、お悩みなど、いつでもお気軽にご相談いただけます。

また、配偶者ビザの申請にあたっては、出会ったきっかけや結婚に至った経緯など、プライベートに関する情報をお聞きし、必要書類の作成をする必要があります。

そのため、少しでも安心してご相談をいただけるよう、当事務所では守秘義務の遵守を徹底しております。
お客様が、ご相談時にお話になった内容が、外部に伝わる心配はございません。

配偶者ビザの申請には、高度の専門性ノウハウが求められるため、「自分で配偶者ビザを申請したが不許可になってしまった」とお悩みを抱え、当事務所にご相談をされるお客様が多くいらっしゃいます。

お客様ごとに必要な書類をピックアップし、申請書類の作成を行い、お客様への負担を最小限に抑えながら、配偶者ビザ申請手続きをいたします。

安心の初回無料相談

当事務所では、初回のご相談を無料で実施しております。
配偶者ビザに関するお悩みやご不明点を、当事務所がしっかりと解決させていただきますので、是非ともお気軽にご相談ください。

平日はなかなか時間がなく相談するのが難しいという方でも、事前にご予約をいただければ、土日祝日のご相談も承っております。

なお、ご依頼確定後は、何度でも無料でご相談いただけます。

配偶者ビザ申請のポイント

配偶者ビザの申請のポイントは、偽装結婚でないことを書面をもって説明することにあります。
立証書類を提出する義務が、申請者側にあるため、申請書類の作成には、高度の専門性ノウハウが必要になります。

ご自身で配偶者ビザの申請手続きをして不許可になってしまう大きな要因として、書類の不備・説明不足等が挙げられます

近年、安定した在留資格である「日本人の配偶者等」のビザを取得するため、婚姻を偽装する事例が多発しており、入国管理庁による審査が厳しくなっている傾向にあります。
その為、正式な結婚であっても、必ずしもビザの許可を得られないのが現状です。

また、一度不許可になってしまった場合の再申請手続きや、海外から外国人配偶者を呼び寄せる手続きは、不許可になりやすいケースといえますので、当事務所のような入国管理の専門家のサポートを受けられることをオススメします。
配偶者ビザ申請のサポート料金はコチラ

ご依頼の流れ

1.お問い合わせ

配偶者ビザ申請に関する初回相談は時間無制限で無料です。

事前にご予約いただければ、時間外や休日のご相談も可能です。
まずはお電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

2.ご相談・お申込み

現在のお悩みや問題点をお伺いし、配偶者ビザ取得に向けた方針をご説明いたします。

正式にご依頼をいただく前に、必ず費用とお支払方法をご説明いたします。

3.書類作成・申請書提出

当事務所にて、申請書類の作成および提出資料の作成・収集を行います。

その後、入国管理局へ配偶者ビザの申請を行います。

4.許可通知

入管管理局より配偶者ビザの許可通知が届きます。

以上で、配偶者ビザの取得が完了します。

無料相談のお問い合わせ

よくあるご質問
  • 外国籍の方と結婚したが、日本でビザを取得できるか不安である。
  • 配偶者ビザを取得したいが、収集する書類や申請書の書き方が分からない。
  • 日本人配偶者側の年収が低く、配偶者ビザを取得できるか不安である。

どのようなお悩みのご相談でも問題ございません。
お客様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ
03-3220-4533
受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ(24時間受付中)