古物商許可

古物商許可の申請先について

古物商許可を申請するにあたり、その申請書はどの行政機関に提出すれば良いのでしょうか。

その答えは、主たる営業所の所在地を管轄する警察署です。

では、主たる営業所を管轄する警察署とは、具体的にどこの警察署なのかについてみていきます。

主たる営業所を管轄する警察署

古物商許可の申請は、法律上、古物営業を営む営業所の所在地を管轄する警察署を経由し、各都道府県の公安委員会に申請する仕組みとなっています。

2020年4月1日までは、営業所を複数の都道府県に設置する場合、都道府県ごとの管轄警察署へ申請書を提出しなければなりませんでした。

しかし、2020年4月1日以降、「主たる営業所」を管轄する警察署にのみ、古物商許可の申請書を提出すれば良いことになりました。

複数の都道府県に営業所を設置する場合も、「主たる営業所」を管轄する警察署に、古物商許可の申請書を提出すれば足ります。
(主たる営業所を管轄する警察署の検索方法は、都道府県ごとの警察本部のホームページにてご確認いただけます。)

また、「主たる営業所」は、任意に決めることができます。
管轄の警察署は、古物商許可を取得した後も、届出事項に変更があった場合などに、手続きを行う警察署となりますので、警察署から近い店舗や、人員配置等を考慮してお決めいただければと思います。

1点注意が必要なのが、2020年4月1日よりに古物商許可を取得していた方は、2020年4月1日までに「主たる営業所等の届出」を行うことが義務付けられていました。

2020年4月1日までに届出を行っていない方は、現状、無許可営業とみなされてしまっています。
したがって、引き続き古物商を営まれている方は、早急に管轄の警察署に手続きを済ませることを推奨します。