帰化

帰化申請の必要書類(中国籍)

中国において取得する書類

帰化申請において、本国から取得する書類は各国籍ごとに異なります。

中国人のお客様が日本に帰化申請する場合、下記の書類が必要になります。
書類は、中国本土にある公証処で取得します。

中国にご家族がいらっしゃる場合には、本人に代わって取得をしてもらい、国際郵便で日本に送付してもらうことが多いです。

  1. 出生公証書(本人)
  2. 結婚公証書(本人・父母)
  3. 離婚公証書(本人・父母)
  4. 死亡公証書
  5. 親族関係公証書(本人・父母・兄弟姉妹が記載されているもの)
  6. 国籍証明書

各書類の取得条件

結婚公証書」について、本人が結婚していない場合は、本人分は不要です。
また、日本人と結婚をされている中国人の方で、先に日本において結婚のお手続きをされた方は、中国においては結婚の登録がされないのが一般的ですので結婚公証書は不要となります。

離婚公証書」については、本人又は父母が離婚している場合に取得が必要です。

死亡公証書」については、父又は母が亡くなっている場合に取得します。

国籍証明書」については、日本の中国大使館で取得できます。
日本国籍を取得した時に、中国国籍を自動的に喪失することの証明書となります。

翻訳について

上記の書類は、中国語で記載されているため、帰化申請書を法務局に提出する際には、翻訳文を併せて提出します。
翻訳者に制限はないため、どなたでも翻訳をしていただけます。

ただし、翻訳者の住所・氏名及び翻訳年月日は必ず記載する必要があります。
また、書類の要約ではなく、全部分の翻訳をする必要があります。

無料相談について

帰化申請(日本国籍の取得)をする際には、法律に記載されている帰化の要件を確認し、必要となる書類を収集する必要があります。
また、申請書は不備なく作成をしなければなりません。

「どのような書類が必要か」
「帰化の要件を満たしているか」
といったご相談を多く承っております。

帰化申請は、人生に大きな変化をもたらす重大な事柄です。
当事務所では、無料相談にてお客様のご状況を親切・丁寧に伺い、帰化の要件を満たしているか、必要となる書類は何か、帰化申請を進める手順について、ご案内をさせていただきます。

無料相談のご予約は、お電話又は相談予約フォームから承っております。
帰化申請に関するご不安やお悩みなどを、当事務所が責任をもって解決いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
03-3220-4533
受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ(24時間受付中)