帰化

帰化申請の流れ

帰化申請手続きの流れ

帰化申請手続きを行う際の、一般的な流れをご説明いたします。

1.法務局への事前相談

帰化申請人の国籍や家族構成等によって、帰化申請時の必要書類が異なるため、ご自身の居住地を管轄する法務局にて必要書類の確認をします。

この確認は、必ず予約が必要で、法務局によっては2ヵ月先まで予約が取れない場合もありますので、早めに予約をするようにします。

2.帰化申請に必要な書類の収集

法務局の事前相談で明らかになった必要書類を実際に収集していきます。

ご状況によっては、100枚以上の書類を収集することもあります。

収集に時間を要するのは、本国の書類(母国の書類)です。
在日の大使館で収集できる書類もありますが、本国まで足を運ばなければ収集できない書類もあります。

各書類には有効期限もあるため、計画的に必要書類を収集していくことが大切です。

3.帰化申請書類の作成

収集した各種の証明書をもとに、帰化申請書類を作成します。

各種証明書と申請書との内容の整合性が取れるよう、慎重に作成することが必要です。

4.帰化申請書類の事前確認及び受理

法務局にて、帰化申請書類の事前確認をしていただきます。

確認の結果、書類に不備がなければ、通常はこの時点で帰化申請が受理されます。

5.法務局での面接

帰化申請が受理されてから2~3ヵ月経過した頃に、法務局から連絡が入り、提出した書類や現在の状況等を質問するため面接が行われます。

質問内容は、帰化申請人によってそれぞれ異なりますが、事実を話せば問題ありません。

6.近隣調査・家庭訪問・職場訪問・職場調査

法務局の職員から、申請者の勤務先や学校に在籍確認の電話が入ることがあります。
また、状況によっては、実際に自宅等に訪問をすることもあります。

特別永住者の方は、これらの調査は原則として免除されます。

7.法務省への書類送付

法務局の担当者が、帰化申請人が帰化の要件を満たしていると判断した場合、帰化申請書類を法務局から法務省に移送します。

最終的には、法務大臣が帰化申請人の帰化を許可するか否かの判断をします。

8.許可または不許可の決定

  • 許可の場合
    官報に名前が掲載され、後日法務局の担当者から電話があります。
  • 不許可の場合
    不許可の通知が届きます。

帰化の申請から許可・不許可の結果が出るまで、8か月~1年ほどの期間を要します。

9.電話で指定された日時に法務局に出頭

帰化許可通知書と身分証明書を受け取ります。

以上をもって帰化のお手続きは完了です。

帰化の許可後、14日以内に市区町村役所で外国人登録証明書を返納します。
そして1か月以内に法務局からの身分証明書を添えて帰化届を提出し、日本の戸籍が編成されます。

まとめ

帰化申請の流れをご覧いただいて分かるように、帰化申請の準備から許可の通知を得るまでに、膨大な時間と労力を要します。

通常、当事務所のような専門家にご依頼した場合、ご依頼から申請までの期間は、約2か月~3か月です。

しかし、ご自身で帰化申請される場合、約6か月~1年ほどの期間を要することが一般的です。
さらには、時間がかかりすぎてしまい帰化を諦めてしまったという方も多くいらっしゃいます。

当事務所は、お客様一人一人に親切・丁寧にご対応し、迅速に帰化のお手続きをサポートさせていただくことを常に心掛けております。
帰化申請について、ご不明な点やお悩み等がございましたら、お気軽に当事務所の無料相談をご活用ください。

無料相談について

帰化申請(日本国籍の取得)をする際には、法律に記載されている帰化の要件を確認し、必要となる書類を収集する必要があります。
また、申請書は不備なく作成をしなければなりません。

「どのような書類が必要か」
「帰化の要件を満たしているか」
といったご相談を多く承っております。

帰化申請は、人生に大きな変化をもたらす重大な事柄です。
当事務所では、無料相談にてお客様のご状況を親切・丁寧に伺い、帰化の要件を満たしているか、必要となる書類は何か、帰化申請を進める手順について、ご案内をさせていただきます。

無料相談のご予約は、お電話又は相談予約フォームから承っております。
帰化申請に関するご不安やお悩みなどを、当事務所が責任をもって解決いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
03-3220-4533
受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ(24時間受付中)